アイコン

column

ホーム コラム 基礎知識 美容看護師として働く前に知っておきたい!ノルマの有無とその対処法

基礎知識

美容看護師として働く前に知っておきたい!ノルマの有無とその対処法

美容看護師として働く前に知っておきたい!ノルマの有無とその対処法

美容クリニックで働く際に、売上ノルマがあるのではないかと心配になる方が多くいらっしゃいます。
実際のところ売上ノルマを設定している美容クリニックはほとんどありません。

ただ、美容クリニックは病院とは異なり自由診療が基本となるので診療報酬がもらえるわけではありません。一般の企業のように利益を上げていく必要があります。

そのため「個人ノルマ」ではなく「クリニックの売上目標」の達成をスタッフの皆で取り組んでいくことになります。

クリニックの売上目標を達成することでインセンティブが支給されるクリニックも多く、その点は病院とは異なってきます。

どのような目標があるのか?

クリニックによっては、「個人の目標」「店舗全体の売上目標」といった2つのパターンがありますが、「個人の目標」に関しては看護師の方ではなく、受付カウンセラーの方に対しての目標となるケースがほとんどです。

目標の内容に関しては、「お客様の数」や「売上金額」に関する目標が存在します。一般的な企業と同様に、「来院されたお客様の数」や「それぞれの施術、商品に対しての売上」等を指します。

病院で働いているときには無かった意識なので、目標を設定することでプレッシャーを感じる看護師もいれば、むしろ意欲的に取り組むきっかけになる看護師もいます。

看護師でも売上目標を達成する意識を持つことは非常に大切なことですが、「お客様の満足度=売上」となってくるので、強引な販売や押し売りの意識ではなく必要な施術や商品の提案を行いお客様の気持ちに寄り添っていくことが重要です。

目標への考え方が楽になるポイント

美容クリニックで働く看護師のほとんどは、一般の病棟での勤務経験を持つ方々です。

病棟では基本的に、これまでに「何かを販売する」といった営業についての経験は無かったかと思います。未経験の方が大半なので、「売り方がわからない」と感じるかもしれません。

重要なのは、施術や商品に関して幅広い知識を持っていることです。お客様も美しくなりたいと思ってクリニックを訪れていますので、何か情報を提供するだけでも喜んでいただけるでしょう。逆に、情報を提供しなかった場合には、後で「なぜ教えてくれなかったのか」という不満の声につながる可能性もあります。施術を受ける際に、ご自宅でのケア方法や他の施術の紹介をすることで、お客様の利益にもなり、結果的に数字にもつながります。

ただし、最初からお客様への提案がスムーズにいくとは限りません。まずは提案が得意な先輩や上司の手本を見て学び、自身のスキルを増やしていくことから始めましょう。未経験の方々も多くいらっしゃいますし、一般の病棟では習得できなかったスキルを美容看護師として身につけることができるのも魅力です。

看護師としての立場は同じですが、美容看護師の仕事には他の職種との違いを感じる方も多くいます。自分の視野を広げたいという方には、美容看護師としての挑戦もおすすめです。

電話受付(平日)
10:00~19:00

TOP 新規会員登録 男女美容看護師募集 求人検索 美ナースとは 入職までのサポート お役立ちコラム よくある質問 会社概要 採用ご担当者へ お問い合わせ