アイコン

column

ホーム コラム 基礎知識 美容看護師の働き方 | 美容外科、美容皮膚科、医療脱毛クリニック、アートメイクの違いをわかり易く解説

基礎知識

美容看護師の働き方 | 美容外科、美容皮膚科、医療脱毛クリニック、アートメイクの違いをわかり易く解説

美容看護師の働き方 | 美容外科、美容皮膚科、医療脱毛クリニック、アートメイクの違いをわかり易く解説

美容外科、美容皮膚科、医療脱毛、アートメイク。聞いたことがあるけど、それぞれの違いや看護師としての具体的な仕事内容を理解していますか?この記事では、美容クリニックに転職を考えている看護師のために、これら各科目の仕事内容や働き方、大変なポイントについてわかり易く解説します。

自分に合った美容看護の働き方を見つけたい人は、ぜひ続きをご覧ください。

美容クリニックの科目の種類

美容クリニックには大きく分けて美容外科、美容皮膚科、医療脱毛、そしてアートメイクの4つの科目が存在します。同じ美容医療でありながら、その仕事内容、働き方、看護師が直面する課題はそれぞれ違います。あなたが美容医療の道を選ぶとき、自分がどの分野に合うのか、まずはこちらをチェックしてみてください。

美容外科 美容皮膚科 医療脱毛 アートメイク
仕事内容 形状を変化させる外科的手術の準備・介助がメイン 肌質改善・メンテナンスの為の治療、痩身、レーザー治療がメイン 医療脱毛施術がメイン アートメイクの施術がメイン
施術者 医師が中心になって施術 医師と看護師が施術 看護師が施術 ※看護師が施術
大変なこと 体力が必要 スピード感が必要 体力・同じ事を淡々とやれる力が必要 デザイン力と傾聴力が必要
向いている人 お客様の不安に寄り添い、周りを見て判断し先読みができる人 自発的でアセスメント力を活かしたい人 1つのことを 継続しやり遂げられる人 美的センスに富んでおり、1つのことを極められる人

※アートメイクは「医業」に位置づけられており、「医業」は医師しかなしてはならないと医師法で定められているため、「医師が常駐しているクリニックで医師の監督下・指示の元で看護師が施術を行う」という条件が必須となり、アートメイクの施術を行えるのは「医師もしくは医師が常駐しているクリニックの看護師だけ」になります。

これらの条件以外でアートメイクの施術を行うことは医師法違反となるため、看護師資格または准看護師資格取得者のみが与えられた環境下でアートメイクナースとして働くことができます。

美容外科

ここから美容外科で働く看護師の仕事内容について説明します。

仕事内容

美容外科は形成や美容を目的とした外科的手術を主に行います。具体的な施術内容には目の整形、鼻の整形、豊胸手術、脂肪吸引などがあります。美容外科看護師はドクターの手術介助だけでなく、手術前のお客様の状態の検査・説明や、手術機器のメンテナンス・滅菌作業、手術後のお客様の創部の安静・保護、手術後の機器の洗浄・滅菌・メンテナンスなど、周手術期に関連したすべてを看護師が担当します。お客様の身体だけでなく、精神的なサポートも求められるため、コミュニケーション能力も重要となります。

働き方

基本的には残業せず、メリハリをもって仕事に取り組めます。しかし、予約だけでなく、当日カウンセリングしてそのまま手術というパターンも少なくありません。施術の内容によっては手術時間が長引くこともあるため、残業が発生することもあります。人数の多いクリニックだと、早番や遅番という当番制にして残業が調整されます。夜勤があるクリニックは少ないですが、侵襲度の高い手術を取り扱っているクリニックでは、単発で発生することもあります。

また周手術期をすべて看護師が担うと記載しましたが、大手だと洗浄作業や手術前説明などを担ってくれる業種が別にいるところもあります。休憩のとり方もクリニックによりますが、基本的に常に動いているので比較的体力が必要です。

大変なこと

①体力

手術によっては長時間立ちっぱなしであったり、手術の機械を保持し続けたりすることがあります。回転率の速い手術だと、スピードと丁寧さを同時に求められます。

②マルチタスク能力

1つのことを1つ行うのではなく、お客様の安全を第一に考えながら、同時に手術の介助、外回りやクリニックの予約状況の把握、手術の進行具合、トラブルシューティングなどを同時に考え、実施します。同時にいくつもの手術を担当することもあります。

③包帯交換の知識・技術

ほとんどの美容クリニックでは、包帯法の実施は看護師が担当します。美容手術における包帯交換や固定具の装着の経験をしたことのある人は少ないと思います。手術に合わせて、様々な方法で保護やテーピングなどを行います。

④急変対応

病院のように急変対応のプロがいるわけではありません。すべての急変・CPR対応は担当医と自分で行います。そのため日頃の訓練は欠かせません。

美容外科看護師の仕事は、その仕事内容から他とは違う大変さがあります。まず、同じ手術でもドクターによって手順が異なことがあるため、看護師はそれぞれの医師のやり方にすばやく対応する必要があります。

さらに、手術前にお客様をリラックスさせる役割も看護師の仕事です。これは、お客様の不安を和らげるだけでなく、お客様の望む結果を得るためにも重要になります。また、外科手術は長時間になることもあるため、身体的負担となることもあることを理解しておきましょう。

向いている人

美容外科看護師に向いている人は、ドクターのオペ手順の違いに柔軟に対応できる人です。手順が医師ごとに異なることがあるため、臨機応変な対応力が求められます。

また、お客様の心情に寄り添い、短時間でリラックスした状態を作り出すことが重要となるためコミュニケーション能力が必要になります。美容皮膚科と比べてお客様との距離感が近く、特にオペ前後のケアは信頼関係を築くために必要不可欠です。

さらに、美容外科は手術がメインとなるので、血やオペを見ることへの抵抗感がない人。手術が長時間になることもあるため、体力のある人が向いています。

そして最後に、美容看護師の役割はドクターをサポートすることです。チームワークを大切にし、協力的に仕事ができる人が美容外科看護師にはふさわしいと言えます。

美容皮膚科

美容外科と美容皮膚科はどう違うのか。を交えながら美容皮膚科の仕事内容について説明します。

仕事内容

美容皮膚科は、美容と健康を目指し、お客様の肌トラブルに医学的に、お客様の肌悩みに審美的に対応します。具体的には、シミ、シワ、たるみ、ニキビ、肝斑等の美肌治療から、ボツリヌストキシン製剤やヒアルロン酸注入などの注入施術がメインで、お客様一人ひとりのお悩みに最適な治療を提供します。最先端の技術や機器を使い、メスを入れることなく美しさを引き出すことが仕事です。医師や看護師は、具体的な治療技術だけでなく、お客様とのコミュニケーションも重要で、スキンケアの指南から生活習慣のアドバイスまで行います。

働き方

美容皮膚科の看護師の働き方は、看護師がお客様に対して直接的に治療を提供するのが特徴的です。具体的には、医師の診断をもとに肌の状態を評価(アセスメント)し、それに基づいてレーザー治療を自ら行うのが一般的です。また、痩身のデザインも看護師が担当します。

これは、美容外科の看護師の仕事とは大きく異なります。美容外科では、看護師は主にドクターの手術介助を行いますが、美容皮膚科では自分自身がお客様へ直接施術を行います。

さらに、美容皮膚科ではお客様の回転率が高いため、スピード感を持つことが求められます。しかし、その一方で、基本的には残業がないという点も特徴です。そのため、自分のスキルを活かしながら、バランスの良い働き方を求める人にとっては最適な働き方と言えます。

大変なこと

①知識、技術のアップデート

レーザー技術は進化が早く、2、3ヶ月おきにアップデートや新しい施術法が現れるため、その都度、新しい知識や技術を習得し、それを実践することが求められます。

➁スピード感

先ほど説明した通り皮膚科は1日に対応するお客様の数が多いため、それに対応しつつもお客様一人ひとりと丁寧に向き合う時間を作ることが大切です。

③コミュニケーション

美容皮膚科はリピーターも多いため、お客様とのコミュニケーションが重要となります。特に小さなクリニックでは担当制になることもあり、一人のお客様と1、2ヶ月間、時にはそれ以上の期間、一緒に肌の状態を確認しながら治療を進めていきます。そのためお客様との信頼関係を築くためにもニーズの把握や会話力が求められます。美容外科との違いは、ある程度の距離を保ちお客様という形でコミュニケーションを取ることです。

向いている人

美容皮膚科看護師に向いている人は、新しい事を学ぶこと、美容情報を伝えることが好きな人です。治療法が日々進化している美容皮膚科では、常に新たな技術を学び、自らの知識と技術をアップデートする必要があります。

また、皮膚科看護師は、お客様の肌状態を判断し、最適な治療法を選ぶ役割も果たします。だからこそ、観察力や判断力が求められます。

さらに重要なのが、お客様とのコミュニケーション能力です。ひとりのお客様と深く関わることが多い科目なので、人と話すことが好きで、お客様の肌の状態を観察し、その変化に気付き対応できる人が向いています。

医療脱毛

美容皮膚科との違いがわかりにくいのが医療脱毛です。どう違うのか説明します。

仕事内容

脱毛クリニックは永久脱毛に特化したクリニックで、ムダ毛を根本から処理する治療を提供しています。医師が常駐し、皮膚の状態を診察・診断する一方で、看護師がレーザーや光照射による施術を主に行います。看護師はお客様のアフターフォローも担当し、お客様の安心と満足度を高める役割を果たします。万が一のトラブルが発生した際には、医師が即座に対応し、必要なら薬の処方も行います。脱毛クリニックでの治療は注射や採血、点滴などは含まれず、お客様の肌をケアすることに特化しています。

働き方

医療脱毛の看護師の仕事は、他の科目と比較すると働き方が少し違います。まず、美容外科や美容皮膚科に比べ、休みが多いです。これは業務内容が一貫しているので、効率的なスケジューリングが可能なためです。

また、営業時間が長いクリニックでは、早番・遅番制が取られることが多いです。そのため、自分の生活リズムに合わせたシフト選択が可能です。そして、一日の業務内容がはっきりしているため、残業はほとんど発生しません。

さらに、美容外科、皮膚科と比べて覚えることが少ないのも特徴です。脱毛治療は特定の手技と知識に特化しているため、業務内容を覚えてしまえば、後はお客様の肌状況を見ながら脱毛を行うことになります。そのため、美容皮膚科のように常に新しい情報を追う必要がなく、負担が少ないです。その分勉強会や申し送りがないため、仕事が終わればすぐに帰ることができます。

大変さ

医療脱毛の看護師の仕事は、身体的負担と単調性の二つの面で大変さがあります。

まず身体的負担についてですが、特に「腱鞘炎」と「腰痛」が問題となります。脱毛機械のハンドピースは意外と重く、これを一日中持ち続けると手首への負担が大きくなり、腱鞘炎を引き起こす可能性があります。また、施術部屋が狭い場合、不自然な体勢で施術を行うことが求められ、それが腰痛を招く原因となります。

さらに「視力低下」も考慮すべき問題です。レーザー照射による強い光は目に悪影響を及ぼし、長時間の施術は視力の低下を招く可能性があります。専用のレーザーを正しく使用して目を守る必要があります。

次に仕事の単調性についてです。看護師の業務は基本的に医療脱毛器を使用した施術が中心となるため、時間とともに単調に感じることがあります。特に入社当初のやりがいや新鮮さが失われてしまった時期には、ルーティンワークがマンネリ化する感じが出てくるかもしれません。

向いている人

医療脱毛の看護師に向いている人は、一つの仕事に集中し、淡々と業務を進められる人です。全般的なスキルよりも特定の業務に深く携わり、そのスキルを磨き上げる職人気質の方が適しています。

また、医療脱毛は繰り返し同じ手順を行うため、安定した業務を好む人には最適な仕事環境です。さらに、この仕事は休みが多く、自分のライフスタイルを大切にしたい人にとって魅力的な職場です。

医療脱毛は他の美容医療よりも業務のハードルが低いため、美容医療への復職を考えている人にも適した分野です。専門的なスキルや知識を再獲得する過程で、医療脱毛の看護師として働くことは、新たなスタートに最適な選択肢と言えるでしょう。

アートメイクアーティスト

アートメイクアーティストは、他の科目と比較すると少し特殊です。

仕事内容

アートメイクは、見た目の美しさを長期的に維持するための技術であり、アートメイク看護師はその専門家です。眉、リップ、アイラインなどにタトゥーとは違う比較的浅い層に色素インクを注入し、メイクの一部を恒久的に引き立てます。

これは日常のメイク時間を大幅に削減し、洗顔後も鮮やかな色を保つことが可能です。施術の際は、お客様のご希望や骨格に合わせ、デザインを提案したり、長期的にお客様が付き合っていける為のカラー選びや技法などもを提案するのも大事な仕事です。

働き方

まずお客様のカウンセリングから始まります。一部では専門のカウンセラーがいるものの、ほとんどの場合はアーティスト自身が希望のデザインを聞き出し、その後、施術についての注意点などを説明します。

次に、お客様の要望を元にデザインを考えます。お客様の骨格や表情、雰囲気等を見て、全体のバランスを見つつ最適なデザインについてプロの視点でのアドバイスを行います。

デザインが決まれば、施術に移ります。タトゥーよりも浅い層に針で傷をつけ、色素を入れていきます。施術が終わったら、アフターケアが重要で、自宅でのケア方法や、必要な注意点(例えば、施術後に特定の行動を避けるべき期間など)を詳しく説明します。

大変さ

お客様の期待に応えるデザインを提供するためには、高い技術と高いセンスが必要になります。アートメイクは1度定着すると1~3年は持続します。そのため、失敗は許されません。確実な技術を習得し、常に技術を磨くと同時に、最新のトレンドを学び続ける姿勢も不可欠です。

また、フリーランスの場合は集客が課題となります。知名度を高め、個人にお客様をつけるためのマーケティング力が求められます。

さらに、業務の範囲は多岐にわたり、予約管理からカウンセリング、施術、クレーム対応まで全て自分でこなさなければならないことが多く、業務時間外でもお客様との対話が必要になることもあります。

向いている人

お客様のご希望を的確に理解し、それを形に変える能力は必須です。これは、お客様の求めるデザインを把握し、それを具現化できるセンスと、お客様の言葉を丁寧に傾聴しつつ要望を引き出すリスニングスキルに影響します。結果として、これらのスキルと才能を持つ人は、アートメイクアーティストに向いている人と言えます。

また、フリーランスを目指す場合は特に自己表現力とコミュニケーション力も大事です。

SNSを活用して自己ブランディングや技術発信ができる発信力は、自分の実績やスタイルを広めるのに必須です。それは、自己プロデュース力とも密接に関係しています。自分の技術や視点、センスを表現する能力は、個々のお客様を引き付け、リピーターにする鍵となります。

まとめ

美容看護師にとって、自身のキャリアパスを考える際、選択肢の一つに美容外科、美容皮膚科、脱毛、アートメイクアーティストがあります。これらの選択肢は、同じ美容看護師でありながらそれぞれ専門的な知識とスキルが必要になります。

美容外科では、一般的に手術介助や術後のケアなどが主な業務です。美容皮膚科では、肌のトラブルやエイジングケアの治療などを行います。脱毛では、お客様のムダ毛の悩みを解消する施術を行い、アフターケアのアドバイスも行います。

一方、アートメイクアーティストは、看護師資格を持ち美容クリニックで働くことが一般的ですが、フリーランスとして独立することも可能です。独立する場合には、集客力や自己プロデュース力などが求められます。

どの科目も専門的な働き方や大変さがありますが、自分の性格と特性を考慮し、選択することが美容看護師として活躍するための第一歩となります。

病棟看護師と美容看護師との違いや、メリット・デメリットなどについて、こちらの記事で詳しく説明しています。美容看護師に興味のある方はぜひ確認してみてください。

美容看護師とは?病棟看護師との違いや仕事内容をわかり易く説明!

電話受付(平日)
10:00~19:00

TOP 新規会員登録 男女美容看護師募集 求人検索 美ナースとは 入職までのサポート お役立ちコラム よくある質問 会社概要 採用ご担当者へ お問い合わせ